わたしの時間。

写真と日常。映画・ドラマレビュー、読書感想。

***Ranking***
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ




「ミセン‐未生‐」感想|働く人の共感度100%のドラマ

-
韓国ドラマ「ミセン‐未生‐」を観た。良いドラマだと評判は知っていたが、2014年制作と少し古いドラマなので、今更どうかな…とあまり期待せずに観始めたものの、物凄く良くて心に響いた。『ミセン‐未生‐』の内容ミセン‐未生‐制作国:韓国公開:2014年キャスト:チャン・グレ役(イム・シワン)オ課長役(イ・ソンミン)キム代理役(キム・デミョン)チャン・ベッキ役(カン・ハヌル)アン・ヨンイ役(カン・ソラ)ハン・ソンニュル...

aoiro松浦航大さんにハマる

-
若者の間でYouTubeを見る生活というのが当たり前になっていると聞く。テレビ世代の私にはイマイチついて行けず、YouTubeの何がそれ程面白いのか…共感出来なかった。かと言って全く利用した事が無い訳ではなく好きな映画やアーティストの、予告編やMVを見る事はある。だが私にとっては、テレビのようにじっくり見るというものでは無かった。そんな私が今、YouTubeにハマっている。ここ数日、時間がある時は…というか家にいる間、ず...

自分をさらけ出せる存在

-
好きだった俳優さんが亡くなりその後もその事が頭から離れない。凄くファンだった…という訳では無い。どちらかと言うと、彼自身よりもドラマや映画の中の彼の醸し出す雰囲気が好きだった。という事は結局彼自身のファンだったのかもしれないけれど。だけど所詮は遠い存在の芸能人。なのにここまで頭から離れず、心が重くなるのはなぜだろう。今回の事で、彼の死その事と共に「誰にもさらけ出せない人」という事を考えさせられた。...

「椿の花咲く頃」感想|心が温かくなる優しいドラマ

-
最近韓国ドラマファンならずとも、多くの人の間で話題になっていた「愛の不時着」テレビやネットでもタレント達が「愛の不時着にハマっています!」と言っているのを見て、そのブームを実感する。アカデミー賞の映画「パラサイト 半地下の家族」といい、韓国映画・ドラマの勢いを今更ながら実感中。そんな中、先日韓国で行われた「百想芸術大賞」で大賞を受賞したというこの作品を観てみた。「椿の花咲く頃」『椿の花咲く頃』の内...

映画版「ダウントン・アビー」の感想

-
映画版「ダウントン・アビー」をようやく鑑賞した。ドラマ版「ダウントン・アビー」が好きで、ブログでも何度かその事を書いた為、「映画版も良かったですよ」というコメントを何度か頂いた。その度に早く観たいと思いつつ、映画館にまで行けず、動画配信をずっと待っていた。なので期待感いっぱいでの鑑賞。映画版『ダウントン・アビー』の内容映画版「ダウントン・アビー」制作国:イギリス/アメリカ公開:2020年キャスト:ロバ...