わたしの時間。

***Ranking***
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ




高橋大輔、アイスダンス転向に思う事

-
テレビではラグビーの話題一色で今も夫がテレビを占領し、ラグビーの試合を観ている。なのに私は未だに興味が持てない。それよりもいよいよ秋になりフィギュアスケートのシーズンが始まるのが楽しみである。が、しかし!先日発表された高橋大輔選手のニュース。アイスダンス転向…。ファンの人は嬉しいのかな。正直なところ、私はピンとこなかった。高橋大輔選手は好きな選手でありだからこそ、ずっとシングルでいて欲しい、シング...

「凪のお暇」と「これは経費で落ちません!」を最終回まで観た感想・比較

-
録画していたドラマ、「これは経費で落ちません!」の最終回を観た。金曜日22時枠のドラマは、この「これは経費で落ちません!」と「凪のお暇」のどちらもお気に入りで、毎週楽しみにしていた。前半はどちらかと言うと「凪のお暇」の方に気持ちを持っていかれた。今までになくあまりにもリアル過ぎる世渡り下手女子のドラマ。これ程自分の感情を代弁してくれるドラマがあるのかと、本当に凝視するように観ていたと思う。単純に登場...

懸賞に応募する楽しさ

-
以前働いていた職場で懸賞応募にハマっている人がいた。菓子やパンなどスーパーで買える商品の懸賞ばかり応募していると言う。私は懸賞に興味を持った事が無かった為「本当に応募する人がこんな身近にいるんだ」と新鮮だった。何とも失礼な言い方だけど。ただ応募してもどうせ当選しないだろう…という思いが私の中にあった。だがその人の話を聞くと今まで家の家電はほぼ懸賞で貰った物ばかりというから驚きだ。そしてその人が言っ...

絶対に私の言葉を分かっているように思う

-
久しぶりの公園に行くと、少し見ない間にすっかり秋の色になっていた。このところ愛犬は散歩に行っても歩かない事が多くリードを引っ張っても足を踏ん張りその場に座たり寝たりしてしまう。最初は自己主張が強くワガママを言いたいだけ?と思っていたが、このところの調子の悪さからもしかして歩くのが辛いのかもしれない…と思い今日は愛犬を抱いて散歩。愛犬は私の腕の中からピョコリと顔を出し周囲を見渡して意外と楽しそう。そ...

10時間連続パソコンで焦点が合わず

-
今日は朝から10時間以上もパソコンを見続けてしまった。それなのにこうしてまだブログを書いているのだから一体何時間やっているのだろう…と自分でも呆れる。そもそも最初は仕事で分からない事があり少し調べ始めただけだったのがそのうち横道にそれ仕事とは全く無関係な記事を読み始めてしまった。そこから私の苦手分野保険や年金、老後資金といった節約や貯蓄のサイトにハマっていまい読めば読む程気になる事が出て来て終わりが...

老犬の最後の過ごし方。切なすぎる話

-
時々読んでいるペットブログ。私と同年代の女性のブログでうちの犬と同じ年齢ぐらいの犬を飼っている。夫と子供がいるが犬の事もとても可愛がっている様子で時々その写真や文章を読んでは癒されていた。しかし最近更新されていないと思っていたら久々の更新。すると、犬の調子が悪いのでペットショップに預けていると書かれていた。病院ではなくペットショップ?そこに違和感があった。どうやら治療が必要な病気という訳ではなく老...

ラグビーに興味がない人

-
今この記事を書いている隣で夫は夢中でラグビーを見ている。「音量小さくしてくれない?」私がそう言うと、「このラグビーを見ない人がいるのが信じられない」と言われた。そんなに面白いのか?夫は瞬きも忘れているかのように画面を凝視している。全く興味が無い私がまた、「日本のチームじゃないのにどうして面白いの?」と余計な事を聞いてしまったものだから、「いいから静かにして!」と逆に怒られてしまった。私はドラマや映...

テレビの情報だけが頼り

-
急に寒くなり、今朝目が覚めると愛犬が私に密着していた。私も足が冷えすぎて痛い程。あぁ、この感じ。ようやく秋だなぁと実感する。この時期が好きだ。日が暮れるのも早くなり窓を閉め切り毛布に包まる時間が落ち着く。まだ夏用のシーツを使っていたので今日はベッド回りのシーツ類を全て秋冬用に変更した。夏用のものは全て洗濯して干していたのだがあれ?何やら雲行きが怪しい…。テレビをつけて天気予報を見るとそこでようやく...

嬉し涙を流せる人

-
先日、私と夫にとって少しだけ嬉しい出来事があった。ほんの少し。些細な喜び。私は「良かったね」と言い夫の顔を見た。すると驚いた事に夫が涙ぐんでいた。「え?泣く程の事?」私は苦笑しながら言ったが、夫は嬉しさのあまり涙が自然と出たらしい。歳を取ったから涙もろくなったのね。互いにそう言って笑ったが、内心私はそこまで素直な夫が羨ましかった。私が嬉しくて涙を流したのはいつだろう?思い出せない。辛かったり悲しか...

44歳で第一子出産に思う

-
モデルの弥生さん、44歳での出産かぁ…。羨ましいとか妬ましいとかそんな感情は一切無く、とにかく凄いと思う。出産した事も凄いけど今から始まる子育てと母親の年齢を考えるとその決意というか、パワーに圧倒される。先日、ある会社に面接に行った時「なぜ不妊治療を頑張らなかったのですか?」とストレートに質問されてしまった。▶今までにない返しに気持ちが引く今こうして落ち着いて考えてみるとやはり私に足りなかったのは勇気...