わたしの時間。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



正反対の二人とアルバム。写真から感じる内面

-
*** 春から初夏の写真まとめ ***正反対な二人学生の頃、写真部の友達と会話した事があった。一人は明るく社交的な男子。もう一人は真面目で堅物と言われていた女子。その二人は同じ写真部で、まだ写真に興味もなかった私に向かって二人が言った。「私達のどっちが撮った写真だと思う?」そう言いながら渡されたのは2冊のアルバム。...

親や兄弟に臓器提供して欲しいと言われたら?

-
テレビでドキュメント番組を見た。ある男性が臓器提供を受けないと生きられない状況になる。そこで長く会っていなかった家族に連絡をすると弟も両親も、迷わず適合検査を受けてくれたが両親は年齢的に高齢で自身の疾患もあり、移植不適合だった。そこで移植をする事になったのは弟。弟は自分が適合した事をとても喜んでいた。そして両親は、自分の息子を自分の体で助けてあげられない事や次男に負担をかける事に涙していた。...

夢に終わる多頭飼い

-
暑い。梅雨の蒸し暑さもあり、部屋の中にいると蒸し風呂のよう。しかし愛犬と私だけで過ごす部屋。朝からエアコンを入れるのは贅沢だと思い窓を開けてサーキュレーターを回し、何とか過ごしていた。しかし…私はその状態で一日でも耐える事が出来るが愛犬はとても無理。お昼前には口をハァハァと開けるようになりこれはいけない…と、すぐにエアコンを入れた。出来るだけ節約、少しでも貯蓄、そう思うが、愛犬の事を思うと徹底するの...

メルカリ送料の勘違いで利益260円

-
少しずつだが断捨離している。ミニマリストを目指しているというより、終活というか老活という方が近いかも。老後に備えて物を減らしていきたい。それで先日、またメルカリで不用品を売った。インテリア雑貨。あまりの可愛さに衝動買いしてしまったものの、結局使わず10年近くクローゼットに入ったままだった。2,000円程度で買った商品だったのだが、未使用なので見た目は綺麗。試しに…と思い、購入したままの2,000円で出品してみ...

さくらももこさんの才能と功績に思う

-
昨日の夜、また咳で眠れなかった。数日程治まっていたのだが、またぶり返し。それで眠れずベッドで過ごしているとなぜか突然、「さくらももこ」さんの事が頭に浮かんだ。そういった記事を読んだ直後でもなくちびまる子ちゃんを見た訳でもない。本当になぜかふと頭に現れたのだ。それで起き上がり、改めてさくらももこさんの事をスマホで検索した。亡くなられたのは何歳だっただろう。調べると53歳。今の自分とほぼ同年代で、何とい...

「症状」という名のイジメ。パワハラを認めない会社

-
上司のパワハラで40代の男性が自殺したニュース。パワハラによる自殺は珍しくはない。今までも同じような事件はあった。しかし…今回ばかりは衝撃を受けた。新年会で「症状」… 「家族が見たらどう思うか想像しなかったのか」 ハシモトホーム提訴、妻がコメントkahoku.newsどんな証言よりも確かな証拠が残ってる。この「症状」と書かれた賞状を渡された男性の気持ちを思うといたたまれない。私なら速攻で辞めるだろう。ご本人はギ...

邪魔でしかない婚礼タンス。捨てたいもののその方法に悩む

-
収納ケースの処分に迷いながら、それ以上に部屋の大部分を占めている捨てたい物がある。それはタンス。収納ケースを捨てるのに、また収納ケースを買う?何年も年中同じ事ばかり言っているが、部屋をスッキリさせたい。photojikan.com結婚当初に揃えたいわゆる婚礼タンス。これが今となってはとんでもなく邪魔。4畳半という狭い部屋にその婚礼タンスを向かい合って置いている為もはやその部屋は部屋というよりタンス置き場でしかな...

収納ケースを捨てるのに、また収納ケースを買う?

-
何年も年中同じ事ばかり言っているが、部屋をスッキリさせたい。物を減らしたい。だが体調不良だったり、忙しかったりで2階の物置化している部屋の物が減らない。勿体ない精神を消さなくては。メルカリに出品したものもあるが、それでも売れない物は先日ある程度処分した。といってもまだごく一部だけど。でもそれだけで古い収納ケースが4個も不要になった。だがここでまた、「この収納ケースって何かに活用出来ないかな?」と考え...

夫に急かされ焦る時間帯

-
年齢のせいなのか夫の就寝時間が年々早くなってきた。起床時間が早いというのもあるがそれにしても最近は20時頃から寝る事が多い。昨夜なんて19時から寝てしまった。19時って…。その時間帯に帰宅する人も多いのでは?近所のご主人は深夜0時を過ぎてから帰宅している人もいるのに。しかし夫が早い時間に寝ようが、それはどうぞご自由にと思う。...

夫に先立たれるという事

-
ハイヒール・リンゴさんの旦那さんが亡くなられたと知り、何だか感情移入してしまう。どれ程辛い事だろうかと。若い頃のリンゴさんは強いイメージばかりでやや苦手だった。だが不妊治療で仕事を休む直前に自分は子供が欲しい、頑張ってみる、と話されているのを聞き、素直に赤ちゃんが出来ればいいなと思った。それまでも、モモコさんの子供を自分の子のように可愛がっていると言っていたから。...