絶対に私の言葉を分かっているように思う



photo20190927.jpg


久しぶりの公園に行くと、

少し見ない間にすっかり秋の色になっていた。


このところ愛犬は散歩に行っても歩かない事が多く

リードを引っ張っても足を踏ん張り

その場に座たり寝たりしてしまう。


最初は自己主張が強くワガママを言いたいだけ?

と思っていたが、

このところの調子の悪さから

もしかして歩くのが辛いのかもしれない…と思い

今日は愛犬を抱いて散歩。


愛犬は私の腕の中からピョコリと顔を出し

周囲を見渡して意外と楽しそう。


そこで誰もいない広場に出たところで

そっと愛犬を地面に下ろしてみた。

ノーリードだ。


通常ノーリードには絶対しないのだが

誰もいない事と、老犬である為にどのみち早く歩けない。


が、私の予想に反し、

愛犬はいつになく跳ねるように歩き始めた。

それも満面の笑み。


いつものあの不貞腐れた態度は何だったのだ?

それ程リードが嫌だったとか?


私はしばらく飛び跳ねる愛犬を見つめ、嬉しくなった。

「もう帰ろうか」

そう声をかけると、愛犬はまた不貞腐れた顔になった。


絶対に私の言葉を分かっているように思う。





***another blog***
kokorobanersmall1.jpg



関連記事
Posted bykorori