***Ranking***
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ



ドラマ「凪のお暇」2話の感想



完全にハマっているドラマ、「凪のお暇」。

見れば見る程好き過ぎるこのドラマ。

小心者で自己主張出来ないリアル過ぎる主人公と、それを囲む周囲の人達のほのぼの加減が丁度いい。
さらに曲も〇。癒されます。

共感できるシーンばかり


naginooitoma.jpg
(画像元:公式サイト)

初回だけが特別共感できるシーンが多かったのかと思っていたけど、2話目も同じく共感できるシーン満載だった。

そんな中でも心に突き刺さったのが、ハローワークでの龍子との出会い。
勇気を出して声をかけ、「友達が出来た」と喜ぶ凪の気持ちが凄く分かる。

さらにさらに!

折角出来た友達から石を売られてショックを受ける凪。

私自身、最近よく似た体験をしたので、え?そんな体験まで似ちゃうの?と驚いた。

待っていたのは見知らぬ人

「近くって…どこですか?」私は美智子さんに住所を教えた覚えはない。...




いい人はどうでもいい人


断る事が苦手だったり、いい人を演じてしまったり。
慎二の言う通り、「いい人=どうでもいい人」なのかもしれない。

いい人ではなく、自分の主張が出来る人の方が、結果的に人から好かれる。
いい人を演じている自分には、誰も興味を持ってくれない。

このドラマを見ていると、自分だけが自己主張出来ない人ではない、他にも同じような人がたくさんいるのだ、だからこんなドラマが受け入れられるのだ、と慰められる。


人と比べてしまうのは当然


あと、隣人のうららちゃんとベランダで話すシーンが好きだった。

友達と同じじゃない自分が嫌になる。
人と比べてしまうのは当然。

うららちゃんを元気づける凪…というか黒木華さんの話し方が凄く良くて癒された。


主人公が真面目で大人しくて地味。
さらに考え方もネガティブになりがちで、普通なら深刻で暗いドラマになりがちなのに、所々でコメディっぽいシーンがあるおかげで力が抜ける。

まさかの5人のメンバーでトランプをするハメになった時も、思わずクスリと笑ってしまった。

それにしても今一つ納得出来ないのが、慎二の人格。
あそこまで歪んだ人っているの?
だからこそドラマとして面白いのかもしれないけど、実際あんな人がいたら相当問題だと思うけど。

今後の展開がますます楽しみ。





***Ranking***
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***
kokorobanersmall1.jpg



関連記事
Posted bykorori