犬違い、人違い



photo20191103.jpg

犬の散歩をしていると

大抵は犬の顔でその飼い主を覚えている。


なので時々

飼い主一人で歩いていても

その人だと気付かない事が多い。

犬を見て飼い主を判断しているというか。


しかし今日はその逆があった。

愛犬の散歩に行くと

見覚えのある飼い主が散歩していた。


しかし犬を見ると

いつもの犬ではない。

見た事のない犬。


あれ?もしかして新しい子を迎えたの?

そう思ったが、連れている犬はそこそこ老犬。

新しい子というより誰かの犬を預かっているのか。


時々会話をする人なので

私は声をかけようとして笑顔で近付いた。


そして…間近まで来て気付いた。

別人だ!

私が思っていたいつもの飼い主では無かった。見知らぬ人。

違う犬を連れているのも当然だ。


私は恥ずかしさでいっぱいになり

何事も無かったように通り過ぎた。

しかし相手は明らかに私を不審な目で見ていた。


それにしても本当にソックリな人だった。

それとも私の老眼のせいか。





***another blog***
kokorobanersmall1.jpg



関連記事
Posted bykorori